子宮内黄体ホルモン放出システム ミレーナ ® 52mg Mirena

ようこそミレーナ52mgのWEBサイトへ

このサイトは、弊社の医療用医薬品であるIUSを正しく理解・使用していただくための情報提供サイトです。患者様・使用者の方とそのご家族・パートナーの方に、IUSを理解し、安全に製剤をご使用いただくための情報を提供しております。
あなたは患者様・使用者の方、または、ご家族・パートナーの方ですか?

ミレーナ52mgの使用に際して

装着後に注意すること

ミレーナ52mgを装着後数日間は出血、下腹部痛、腰痛、おりものなどの症状があわれることがあります。 症状が長く続くときやひどい場合は受診してください。また、異常な痛みや出血があった場合は直ちに受診してください。

副作用について

ミレーナ52mgを装着後、次のような副作用が起こることがあります。
症状が長く続くときやひどい場合は医師に相談してください。

  • 月経出血日数の延長
  • 月経周期の変化
  • 卵巣のう胞(通常はホルモン変化にともなう一時的なもの)
  • IUS除去後の出血
  • 月経時期以外の出血
  • 腹痛 など

その他、次の副作用にも注意する必要があります。

  • 骨盤内炎症性疾患(子宮や卵管等、骨盤内に炎症が起こること)
  • 子宮外妊娠(受精卵が子宮腔以外の場所に着床し生育した状態)
  • ミレーナ52mgの脱出(ミレーナ52mgが気づかぬうちにぬけてしまうこと)
  • ミレーナ52mgの穿孔(まれにミレーナ52mgが子宮壁に入りこむこと)
  • 卵巣のう胞
    (卵巣中の成熟した卵胞が排卵せずに[排卵の破裂が起こらずに]、卵胞液が残って液体のたまった袋[のう胞]となったもの。ほとんどの場合、症状はなく、通常2~3ヵ月のうちに自然に消失するが、まれに消失しないことがあり、持続するまたは急な腹部膨満感や下腹部痛[圧痛]がみられることがある)

発熱、下腹部痛、おりものの異常、急な出血、疼痛、性交痛、急な腹部膨満感、下腹部痛(圧痛)などの症状があった場合は、直ちに受診してください。また、下腹部痛をともなう月経の遅れがあった場合、無月経の人で出血が始まった場合は、頻度は低いものの子宮外妊娠の可能性もあり、早期の処置が必要となりますので、直ちに受診してください。

副作用については、医師から提供される「使用者用説明書」を良くお読みください。
本サイトからも「ミレーナ52mg使用者用説明書」がダウンロードできます。

ミレーナ52mg装着後にみられる出血パターンの変化

「ミレーナ52mgの使用に伴う出血パターンには個人差がみられます」
ミレーナ52mgの使用を開始してから数ヵ月間は多くの女性に月経時期以外の出血がみられることがあります。しかし、通常は時間の経過とともに減少します。

IUS使用開始後の1カ月あたりの平均出血日数

また、黄体ホルモンの作用により子宮内膜がうすくなるため、月経の回数が減り、約20%の人では月経が起こらなくなります。ミレーナ52mg装着中に月経が起こらなくなることは必ずしも妊娠または閉経を示すものではありません。ただし、前回の月経から6週間以内に月経が起こらない場合や、吐き気、嘔吐、食欲不振などのつわりのような妊娠を疑う兆候があらわれた場合は、直ちに受診してください。

お願い:ミレーナの装着中にからだの異常に気づかれた場合は、速やかに医師に相談・報告してください。

ミレーナ52mgダイアリー
(IUSダイアリー)
[705KB]

ダウンロード

ミレーナ52mg
使用者用説明書
[3,538KB]

ダウンロード

  • ミレーナ52mg リマインダー新規登録・登録情報変更 定期検診の時期と交換の時期をEメールにてお知らせします。